Peach Aviation RECRUIT SITE

Peachパイロット
チャレンジ制度 with
AIRBUS

狭きパイロットへの扉を大きく開きます

近年、世界的にパイロット不足が大きな社会問題となっています。とりわけ、日本を含むアジアでは、LCCが急速に普及し航空需要が拡大する中で、パイロット不足への対応が急務となっています。
日本では2020年に東京オリンピック·パラリンピック、2025年には大阪万博が開催されます。訪日外国人旅行者は今後も増加していくことが予想されるとともに、アジア域内におけるLCCの需要はさらに高まっていくことが予測されています。

Peachでは就航直後より、航空大学校、私立大学、民間フライトスクール等の操縦士課程を卒業し、航空会社のパイロットとして必要なライセンスを所有した方々を採用し、自社で副操縦士として養成を行ってきました。

そのような状況の中、パイロットになりたいという夢と情熱を持っているにもかかわらず、「訓練校の選定」、「高額な訓練費の準備」、「訓練後の就職先への不安」が大きな壁となり、パイロットへの夢を諦めている方が多数いるのも現実です。
これら3つの不安を解消し、日本の航空界の発展にも寄与することを目的として、エアバス·三井住友銀行にも賛同·協力いただき、今回のチャレンジ制度を導入しました。

Peachは2012年から就航を開始し、着実に成長を遂げてきており、今後も飛躍を続けながら航空業界にイノベーションを起こしてまいります。アジアの空を牽引するPeachにおいて、あなたもパイロットの道を目指しませんか?

No PASSION,NO PEACH

本気じゃなければ楽しくない。
楽しくなければ仕事じゃない。