Peach Aviation RECRUIT SITE

FAQ

応募資格

Q1今回のチャレンジ生に応募するためには特別な技能や能力が必要ですか?
A特別な技能や能力は必要ありません。応募資格を満たしていればどなたでも応募可能です。今回の募集を行う一つの目的は、パイロットになりたい、という夢と情熱をもつ将来有望な人材を応援したいというものですので、夢に向かってチャレンジしたいという強い気持ちを持つ方はどなたでも大歓迎です。
Q2パイロットになるための身体上の要件はありますか?
A「第1種航空身体検査証明」が必要となります。選考段階の身体検査にて、この基準に従って検査を実施します。(航空身体検査証明書はパイロットのライセンスを保有していなければ発行されません)
Q3眼鏡をしていますが受験できますか?
A受験できます。但し、視力の条件が有りますので、応募資格を確認してください。
Q4屈折度とは何ですか?
A屈折度とは視力を矯正するための眼鏡やコンタクトレンズの度数のことをいいます。Peachでは、-5.5~+4.5の要件が有ります。医療機関や眼鏡店などで簡単に調べることができます。
Q5オルソケラトロジーによる矯正はどのような取り扱いになりますか?
Aオルソケラトロジーによる矯正は、航空身体検査基準により不適合となっています。
Q66年制大学は応募資格対象外ですか?
A応募資格の対象です。
Q7年齢制限はありますか?
A年齢制限はありません。
Q8外国籍でも応募できますか?
A問題ありません。国籍問わず、応募いただけます。
但し、外国籍の方のビザ取得の可否に関しては、事前に必ず訓練実施国「大使館または領事館」まで、ご自身でお問い合わせください。
また、日本で就労できるビザも必要となります。
Q9自家用/事業用操縦士免許を保有していますが、なぜ受験できないのですか?
A今回の訓練プログラムは、パイロット免許を保有していない方が対象です。したがって、既に免許を保有している場合、ご応募いただけません。Peachは、事業用操縦士および計器飛行証明を保有されている方の採用も実施していますので、そちらにご応募ください。
Q10滑空機の免許を保有していますが、応募できますか?
Aご応募可能です。滑空機の資格につきましては、自家用・事業用問わず、今回の募集の制限対象とはなりません。
Q11回転翼航空機の免許を取得していますが、応募できますか?
Aご応募いただくことができません。回転翼航空機の資格については、自家用・事業用問わず、制限の対象となります。
Q12犯罪経歴証明書はなぜ必要ですか?
A訓練実施国の航空局より操縦訓練申請書に添付することが義務付けられているからです。犯罪経歴証明書に記載された犯罪記録によっては訓練申請書不受理の場合もあります。不受理の犯罪内容は航空局の判断によるため、弊社ではわかりかねます。

訓練

Q1日本での訓練は日本語のみですか。それとも英語での訓練も選択できますか?
A日本で実施する訓練は日本語が中心となりますが、航空管制官と交信する際は英語が基本となります。使用言語を選択することはできません。
Q2訓練に家族を帯同することは可能ですか?
A原則として、訓練期間中は他のチャレンジ生とともに共同生活をしていただく予定です。
海外にご家族を帯同いただくことはできませんのでご了承ください。

制度概要

Q1今回のチャレンジ生はPeachのパイロットになることを前提としているのですか?
A無条件でPeachのパイロットになることをお約束するものではありません。しかし、今回のチャレンジ生が、プログラムを通してPeachのパイロットになりたいと思っていただき、海外訓練終了後に、自社養成パイロット訓練生に応募いただければ、これ以上の喜びはありません。
Q2自費でライセンスを取得するのと何が違うのですか?
APeachがANAと連携して世界各国を調査し、選定した訓練学校で高品質なライセンス取得訓練が受けられます。
その訓練中もPeachによるサポート体制がとられ、確実なライセンス取得を目指します。

会社説明会

Q1会社説明会は参加必須ですか?
A必須参加ではありません。また、選考とは一切関係ありません。
理解を深める良い機会ですので、みなさまのご参加をお待ちしています。
Q2会社説明会は、日本語と英語どちらで行いますか?
A会社説明会は日本語で実施します。
Q3会社説明会に家族や知り合いと一緒に参加できますか?
Aできるだけ多くの応募者の方々にご参加いただきたく、会社説明会への参加はご本人のみとなっております。
Q4会社説明会にオンラインで参加することは可能ですか?
A会社説明会をオンライン等で開催する予定はございません。
Q5会社説明会に参加したいのですが、満員のため予約ができません。
A会社説明会予約は先着順となっておりますのでご了承ください。

選考プロセス

Q1パイロット適性テスト「Flight Crew Assessment Test(FCAT)」を受けていませんが、パイロットチャレンジ生に応募できますか?
A応募できません。
「Flight Crew Assessment Test(FCAT)」を受験していただき、合格していることが条件となります。
Q22019年のFCATに応募している場合、今回(2020年)もプレエントリーする必要ありますか?
A2019年のFCATに応募された方も、プレエントリーが必要になります。
FCATに本エントリーする際に志望企業選択欄でPeach Aviationを選択してください。
FCATは全日本空輸(株)が実施する共通パイロット適性テストです。

費用

Q1サポートローン利用の対象となる費用は何ですか?
A海外訓練費(訓練費、寮費、使用教材費、燃油費)のみとなります。(お借入れは最大5回に分けて可能ですが、1回目のローン申込みがないと2回目以降のローンのご利用は出来ません)
なお、追加で発生した訓練費用についてはサポートローンの利用はできません。
Q2海外訓練費用以外に自己負担となる費用はありますか?
A以下の項目については自己負担を予定しております。チャレンジ手当などにより充当いただくことになります。
  • ・生活費・交通費:家賃(海外渡航前)、食費、生活必需品、サポートローンの利息、寮から訓練所までの交通費等
  • ・渡航前準備費:各種受験費用、ビザ取得費用、保険料等
  • ・追加訓練費用(寮費含む)
Q3訓練に失敗した場合や怪我等で訓練を継続できなくなった場合、訓練費用の取り扱いはどうなりますか?
A今回の選考に合格された方は厳しい訓練を無事に終了していただけるものと考えていますが、万一、訓練がうまくいかなかった場合や、怪我、病気等のやむを得ない理由により訓練が継続できなくなった場合には、訓練費用サポートローンの返済は免除される仕組みとなっています。なお、訓練を個人都合で取りやめた場合やサポートローンを利用されない場合には返済は免除されません。

問い合わせ先

以下のメールアドレスまでお問合せください。
なお、お電話でのお問い合わせは受け付けておりませんのでご了承ください。

No PASSION,NO PEACH

本気じゃなければ楽しくない。
楽しくなければ仕事じゃない。